たろうくんの予防接種ガイド
HOME LINK SITEMAP

BCG

ポリオ

三種混合

風疹・麻疹(はしか)

日本脳炎

おたふく風邪

水疱瘡(みずぼうそう)

インフルエンザ

HOME > 予防接種の基礎知識 > 予防接種の種類

予防接種の種類

予防接種には大きく分けて2つの種類があり、目的によって使用するワクチンもさまざまです。ここでは、予防接種とワクチンの種類について教えていきましょう。

予防接種ってなに?

予防接種には、大きく分けて「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。それぞれ何がどのように違うのでしょう?

定期接種

「定期接種」というものは、一定の年齢になったら受けることが望ましいと定められた予防接種です。

三種混合(ジフテリアと百日咳、破傷風)やBCG、ポリオ、風疹・麻疹がこれに当てはまります。
これらの病気は感染力が強く、赤ちゃんがかかると重症化することも多いので予防する必要性が高いといえるでしょう。

また、予防接種以外に有効な予防法や治療法がありません。公費の補助もあるので、定められている年齢の期間内であれば無料(地域によっては一部負担)で受けることが出来ますよ。

任意接種

周囲の環境や家族の状況などを考慮して、受けるか否かを保護者が任意に選択できる予防接種です。

おたふく風邪や水疱瘡、インフルエンザ、B型肝炎などが対象となります。 これらはかかっても軽い症状で済む・・・と考えられていますが、中には重症化するものも。

希望者は個人的に病院へ行き、接種を受けます。

任意接種は保険がきかないので、費用は全額自己負担。費用も病院によってさまざまなので、事前に確認しておきましょう。

▲ このページの上にもどる

ワクチンの種類

受け方の種類だけでなく、ワクチンそのものにもさまざまな種類があります。ここでは、ワクチンの種類についてみていきましょう。

生ワクチン

生きた病原体の毒性を弱めたもので、これを接種することによってその病気にかかった場合と同じような免疫を作らせるものです。

定期接種としてはポリオやBCG、風疹、麻疹(はしか)がこれに該当します。接種後から体内で毒性を弱めた病原体の増殖がはじまるので、それぞれのワクチンが持っている性質に応じて副反応が出ることも。

十分な抵抗力が出来るまでには、約1ヶ月を要します。

不活化ワクチン

毒性を失った病原体の成分のみのもので、定期接種ではDTP(ジフテリア、百日咳、破傷風)や日本脳炎が該当します。

この場合、体内で病原体が増殖しないため何度か接種し免疫を作る必要があります。

一定間隔で2〜3回接種し、最小限必要な抵抗力をつけたあとに追加接種することで完全な免疫となるようです。

しかし、そのままにすると少しずつ抵抗力が減ってしまうので、長期に保つためには一定間隔での追加接種が必要になります。

接種方法にも色んなタイプが・・・

予防接種といえば「皮下注射」ですが、他にも「経口接種」という方法があります。

経口接種の代表的なものとして、ポリオがあげられるでしょう。

甘いシロップ状のものをスポイドで飲ませ、接種後30分は安静にさせます。その間に吐き戻してしまったら、なかったものとして再接種になることも。少しだから・・・と自己判断せず、医師の指示を仰ぎましょう。

他にも「管針法」という方法があり、これは主にBCGで用いられています。別名「はんこ注射」とも呼ばれ、スタンプ状のものを上腕2ヶ所に押し付けて接種するものです。

スタンプには9本の針がついているので、合計18個の針穴がつくことになります。接種後は数を確認してみてください。スタンプの跡は1〜4週間ほどで赤くなるか、膿みをもった状態になります。やがてかさぶたとなり、2〜3ヶ月でなくなるでしょう。

このように、一言で「予防接種」といっても色んなタイプのものがあります。

▲ このページの上にもどる