たろうくんの予防接種ガイド
予防接種 HOME LINK SITEMAP

BCG

ポリオ

三種混合

風疹・麻疹(はしか)

日本脳炎

おたふく風邪

水疱瘡(みずぼうそう)

インフルエンザ

HOME > 予防接種の基礎知識 > 予防接種を受ける前に・・・

予防接種を受ける前に・・・

予防接種に対して、

「怖い」

「難しそう」

というイメージを抱いているママも少なくないでしょう。

しかし、こわい病気から赤ちゃんを守るためにも大切なこと。保護者であるママが正しい知識を得て、安心して受けることこそが重要なのです。

予防接種ってなに?

予防接種の目的は、さまざまな感染症から赤ちゃんを守ることです。

赤ちゃんは生後3〜6ヶ月を過ぎると、妊娠中のママからもらった抵抗力(免疫)が自然に失われていきます。よって、赤ちゃんが自分で免疫を作り、病気を予防できるようにしなければいけません。

そこで役立つのが、今回取り上げる「予防接種」なのです。

予防接種は感染症の原因となる微生物からワクチンを作り、それを接種します。人は微生物に侵されると、体内にその免疫ができます。その病原体に感染したという記憶が残ることで一生その病気にかからない、あるいはかかったとしても軽症で済むようになるのです。予防接種は、この仕組みを利用しています。

また、感染症は人から人へと伝染する病気。病気が大流行するのを食い止めるためにも、予防接種は大きな役割を果たしているのです。現在の法律上は必ずしも受けなければならない・・・というわけではなく、その判断はあくまで個人(保護者)の自由となっています。予防接種のメリットやデメリット、役割などをよく理解したうえで赤ちゃんを病気から守るにはどうするのがベストなのか判断しましょう。

予防接種を上手に受けるポイント

予防接種を受けるにあたって、おさえておきたいポイントをいくつか紹介します。

赤ちゃんの体調を優先しよう!

予防接種は赤ちゃんの体調がいいときに受けるのが原則です。そのためにも、赤ちゃんの健康なときの状態をよく知っておきましょう。普段から体温を測るようにし、赤ちゃんの平熱を把握することが大切です。

予防接種の趣旨と内容を理解しよう!

現在、実施されている予防接種は推奨接種と任意接種の2種類です。いずれにしても受けるか否かを判断するのは保護者なので、接種前までに予防接種の趣旨を学んでおきましょう。

予防接種のメリットやデメリット、副反応のリスクなどをよく理解してから受けるといいですよ。

当日受ける予防接種、またはその成分でアナフィラキシーを起こしたことがある場合

予防接種のお知らせや実施方法は、地域によってさまざまです。知らなかったがために受けられなかったということがないよう、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

心配であれば、かかりつけの医師に聞いてみるのも1つの方法かも知れません。

予診票はあらかじめ記入しておこう!

予診票は予防接種を受けられるか否かの判断材料となる大切なものです。待合室などで慌ただしく書いていると、間違えてしまうことも。家でゆっくり落ち着いて、きちんと記入していきましょう。

ただし、保護者のサイン欄は医師のOKサインが出てからの記入となるので、空白にしておいてください。

赤ちゃんの動きに気をつけよう!

接種中は赤ちゃんの体をママの方にしっかりと引き寄せましょう。

赤ちゃんの体は柔らかく安定性がない上、わずかな刺激で思わぬ動きをすることがあり大変危険です。

高月齢の赤ちゃんになると手足も自由に動き、注射器に手を伸ばすなんてことも。ママが足を挟み、腕をしっかりと押さえて座るといいですよ。

▲ このページの上にもどる

予防接種の副反応

予防接種は病原体の毒素を弱めたものや免疫に必要な成分だけが使われていますが、副反応がまったくないわけではありません。子供の体質や体調によっては、副反応が出ることもあります。

発熱や発疹などの軽いものもあれば、数十万人に1人という割合で重い副反応(脳症とショック状態など)が出ていることも確かです。

ただし、副反応を恐れるあまり予防接種をやめてしまうことはおすすめしません。子供の体質や体調、あるいは周囲の状況などを検討した上で接種するようにしましょう。

▲ このページの上にもどる