たろうくんの予防接種ガイド
予防接種 HOME LINK SITEMAP

BCG

ポリオ

三種混合

風疹・麻疹(はしか)

日本脳炎

おたふく風邪

水疱瘡(みずぼうそう)

インフルエンザ

予防接種

予防接種は怖い感染症を防ぎ、赤ちゃんが健康に育つためには欠かせないものです。事前に予防接種の知識をつけて、疑問や不安を解消してから受けるようにしましょう。

予防接種は受ける?受けない?

予防接種はこれまでの“義務”から“努力義務”へと変更されました。よって、受けるか否かの判断は保護者にゆだねられます。「なんとなく受ける」とか「面倒だから受けない」ではなく、予防接種のことをよく理解した上で判断してください。

予防接種の有効性や副反応について迷うこともあれば、接種当日になって子供の体調が悪くなることもあります。このような状況において接種の是非を判断しかねる場合には、かかりつけの医師や健康福祉センターなどに相談してみましょう。

よく、予防接種を受けさせない親は失格だ・・・

などという心無い言葉を耳にしますが、決してそうではありません。

予防接種を受けることによって起こり得る事故(副反応)の可能性と受けなかったことで罹ってしまう病気の可能性を天秤にかけ、どちらを選ぶことが子供にとってより良いことか・・・

を判断するのが保護者(親など)の務めなのです。

こんなときは受けられない?

予防接種を受けたい・・・と思っても、受けられない場合があります。以下に該当する人は、必ず医師に相談してください。

明らかに発熱がある場合

接種会場にて測定した体温が37.5度以上の場合は受けることができません。

重篤な急性疾患にかかっている場合

急性の病気で薬を飲む必要のある人は、その後の病気の変化もわからないので当日は見合わせるのが原則です。

当日受ける予防接種、またはその成分でアナフィラキシーを起こしたことがある場合

アナフィラキシーとは、通常接種後30分以内に生じるひどいアレルギーのことです。
発汗や顔が急に腫れる、全身にひどい蕁麻疹が出る、吐き気や嘔吐、声が出にくい、息苦しいなどの症状が続き、やがてショック状態に陥る激しい全身反応を意味します。

妊娠している場合

子供には直接関係のない規則ですが、妊娠している人はポリオや風疹・麻疹(はしか)の予防接種を受けることが出来ません。

その他、医師が不適当な状態と判断した場合

上記1〜4に該当していなくても、医師が接種不適当と判断した際には受けることができません。

こんな人は要注意!

予防接種を受けるに際して、医師とよく相談しなければならない人がいます。以下に該当する人は前もって医師に診てもらいそこで打ってもらうか、あるいは診断書または意見書をもらってから接種に臨んでください。

予防接種を受けるに際し、医師の診断が必要な人

心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている人
発育が悪く、医師や保健師の指導を継続して受けている人
未熟児で生まれ、発育状態の悪い人
風邪などのひきはじめと思われる人
予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた人
投薬を受けて体に異常(皮膚に発疹が出るなど)をきたしたことのある人
今までにけいれんを起こしたことがある人
過去に中耳炎や肺炎などを患い、免疫状態を検査して異常を指摘された人
ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある人
周囲で百日咳や麻疹(はしか)などの感染症が流行していて、その病気にかかったことがない人

▲ このページの上にもどる